乳がん告知から、次への一歩を応援します

協会運営の支援はこちら

NEWS

  • ブレストフォト次回の撮影予定は、6月1日(土)14時から17時。場所はJR・阪神元町駅徒歩すぐの河野写真室にて先着3名限定で開催します。ご予約はお問い合わせフォームからご連絡くださいませ。お急ぎの方は、お気軽にお電話でご相談ください。
    申し込み締め切り:5月24日(金)
    事前にお時間の無い方は当日カウンセリングも可能です。
    お一人当たり約1時間、料金は15,000円です。女性カメラマンになります。
  • 2018年3月28日(水) ABCラジオ「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」にて、ブレストフォト協会が紹介されます!是非ご視聴下さい。
  • 現在月に1、2日撮影日を設定しております。次回予定が決まりましたら、こちらのページで告知させていただきます。
    ご相談・お申し込みはお気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
  • 2018年2月 ABCラジオ「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」にて、リリチャが取り上げられました。
  • 2018年1月 毎日新聞にリリチャが取り上げられました。
  • ブレストフォト協会は2018年1月から、一般社団法人になりました。今までの活動に「癌患者さんの雇用促進を目的」を追加して、新たなスタートを迎えました!今後ともご支援よろしくお願いします。
  • リリチャピンク2016年秋に特許を認められた商品が、リンパ浮腫予防グッズ 荷物増えても安心チャーム「リリチャ」として2017年12月から販売を開始しました。詳しくはサポートグッズの開発をご覧ください。
  • 運営メンバーを募集中です。お問い合わせフォームからご連絡ください。
    5年会員枠を新設しました。5年分の会費を一括でお支払いいただきましたら、3年目にスタジオにて無料で家族写真やペットとの写真など撮影させていただきます。

ブレストフォト®について

ブレストフォト協会は、乳がんの告知を受けたその日から
あなたに寄り添うサポーターとし設立された、乳がん患者が運営する協会です。


花

私どもの考えに賛同いただいている先生方

住友病院 外科診療部長、日本乳癌学会指導医 西村重彦先生

斎藤神経科 斎藤直巳院長


国立がんセンターの情報でも、乳がん患者数は昨年よりも増加しています。今後も検診の啓発が進めば、より増加することが予想 されます。
乳がんは女性ホルモンのエストロゲンの影響で起こると言われ、女性に生まれたからは誰にでも可能性はあるのです。
乳がんかも?と思う前に、乳がんですと告知を受ける前に、あなたの心をサポートするのがブレストフォト協会です。すべての女性に寄り添える存在でいたいと考えています。

姿は見えなくても、あなたのすぐ側にいるのがブレストフォト協会です。


ブレストフォトでは現在、力を貸してくださる運営メンバーを募集中です。
運営やサポートに興味をお持ちの一般の方、治療中でも気分転換で何か初めてみたい方、将来医療分野への進路をお考えの方など。
運営メンバーは月に1回程度ミーティングを行い、協会が行うボランティア部分をお手伝いいただきます。ミーティング後にはお茶会も開催。乳がんに関してのお話もしていただけます。

サービス内容

手術前の写真撮影-ブレストフォト

乳がんの手術前日に、泣きながら携帯で胸部を撮影するという話は、たくさん聞きます。
乳がんの発生は30代後半から40代後半がピークと言われています。誰にでも可能性があるのなら、お誕生日や自分へのご褒美に事前に胸部写真、ブレストフォト撮影してみてはいかがでしょうか?告知を受けてから、落ち着かない心を静めてくれる記憶になるでしょう。又、再建が完了された方も、今度は涙を流すことなく、未来をみつめて撮影されてはいかがでしょうか。12人に1人と言われた乳がんか、今や10人に1人、9人に1人とどんどん罹患する可能性が高まっています。検診を受ける前や早期発見の為のきっかけとしても、ブレストフォトをご利用下さい。

次回ブレストフォト撮影情報

ブレストフォト次回の撮影予定は、6月1日(土)14時から17時。場所はJR・阪神元町駅徒歩すぐの河野写真室にて先着3名限定で開催します。ご予約はお問い合わせフォームからご連絡くださいませ。お急ぎの方は、お気軽にお電話でご相談ください。
申し込み締め切り:5月24日(金)
事前にお時間の無い方は当日カウンセリングも可能です。
お一人当たり約1時間、料金は15,000円です。女性カメラマンになります。

現在月に1、2日撮影日を設定しております。次回予定が決まりましたら、こちらのページで告知させていただきます。
ご相談・お申し込みはお気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。

カウンセリングは、無料です。(※要予約)

■撮影までの流れブレストフォトイメージ

カウセリング → ポーズ相談など → カメラマンとのスケジュール調整 → 日程確定 → お支払い → 写真撮影。
カウンセラーが撮影当日もご一緒しますので、ご安心ください。
撮影時に使用するガウンやスリッパなど小物もご用意しておりますので当日はお越しいただくだけで大丈夫です。

ピアカウンセリング

先生から「乳がんですね」と言われた瞬間、それとなく予期していたはずなのに、気が動転するのは、当然のことです。
かと言って、子育て中のお母さん、親と離れて暮らす一人暮らしの若年性乳がんの方、母子家庭のお母さん、近くに身内の方がいないなど、それぞれ事情がありますが、不安を一人で抱え込むと精神的な問題が癌よりも大きくなってしまう可能性もあります。
そんな時はお話しをお電話で伺います。
傾聴専門の担当者ではなく、乳がん経験者があなたの心の波が静まるようにお話を伺いますので、安心してください。
当日のご予約でも対応できるよう準備しています。
ご希望の方はお問い合わせフォームからお申し込み下さい。

無料にて実施しています。要予約。予約はお問い合わせフォームからお願いします。

サポートグッズの開発

リリチャブルーリリチャグリーンリンパ浮腫予防グッズ 荷物増えても安心チャーム 「リリチャ」

術後はセンチネル検査の影響などで、症状が軽い方でも重いものが持てなくなったり、手をまっすぐ上に伸ばすのが困難になったりします。
そんな状況に合わせて、できるだけ女性の気持ちを重要視しながら、役に立つグッズを開発していきます。

2016年9月に特許が認められました。
特許第5997353号
2017年11月3日から、先行予約開始いたしました。各種限定30個の販売です。

詳しくは…

「リリチャ」ホームページはこちら browser

「リリチャ」の使い方動画はこちら browser


取材・講演依頼

乳癌告知を受けた後、ブレストフォト協会の設立やリリチャの製造まで、ポジティブに活動するその裏側をお話しします。
乳がんの最新検査情報や治療に関して、モチベーションの持ち方など。
取材・講演依頼の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

医療用帽子ハートリレー

抗がん剤治療で頭髪が抜けた頭皮を保護するために「医療用帽子」は洗い替えの必要もあり多くの用意が必要です。
役目を終えた医療用帽子をサバイバーから寄付いただき、新たな患者にメッセージとともに引き継ぐ 物心両面のサポートサイクルを作ります。

寄付の受付を2017年3月1日より開始します。
記載の住所まで送料ご負担の上発送ください。
尚、ご家庭で洗濯していただいたものをお送りくださるようにお願いします。
発送方法は定形外・宅急便など規定はございません。
受け継がれる方へのメッセージを同梱下さった場合は、合わせてお渡しいたします。
お預かりした医療用帽子の写真をホームページ上に掲載しお申し込みをいただき、毎月15日に抽選の上発送させていただく予定です。

お見舞い返しを手作りで

お見舞い返しにお礼の気持ちを込めて、手作り教室を開催します。
作っている間は、何も考えず作業に集中する、とても大切な時間です。
数名での教室ですので、終了後のティータイムは参加者同士の交流の場にもなります。
何よりも気持ちを込めた品をお渡しになる時、話題のポイントにもなり喜んでいただけるはずです。



以下はサンプルです

レザークラフトキーホルダー

日 時:3/5(土)13時から16時
要予約/5名以上で実施します。
お子様連れでもご参加いただけます。
参加費:材料費込 ¥4,320
レザーキーホルダー 約2時間程度で5個の作品を作成し、プレゼント用にラッピングしてお持ち帰りいただきます。
終了後は簡単なお茶会を予定しております。お友達作りにお一人での参加も歓迎いたします。

参加申し込みは2月20日までに申し込みフォームからお願いします。

Copyright© 2015 breast-photo All Rights Reserved.